比較しながらチェックしよう!マンション管理会社のランキングサイト

不動産投資の方法

ウーマン

賃貸経営の特徴

マンション経営とは、文字どおり賃貸物件としてのマンションを購入し、当該マンションを賃貸経営することで、安定した家賃収入を得ることができます。以前のバブル時代であれば、マンションを価格が低い時点で購入し、景気の活性化や需要のアップにあわせてマンション価格が向上したときに売却することで利益を得ていました。いわゆるキャピタルゲイン方式ですが、現在は不動産価格の急激な高騰は見込めませんので、賃貸経営により長期的に安定した収益源とすることが主流となっています。マンション経営にも、マンションを丸ごと購入する場合もあれば、一室のみ購入して賃貸経営する方法があります。また、新築マンション、中古マンションなどバリエーションは様々にありますし、築年数や立地条件によって購入価格も変わります。さらに、家賃の設定など経営の仕方によってその利益も変わってきます。

賃貸経営の人気がある理由

マンション経営をはじめとする不動産投資に人気が集まっている背景には、現在の低金利があります。低金利時代においては、単にお金を預けているだけではお金を殖やすことができません。平均寿命が伸びることに伴い、必要となる老後の生活資金の額も大きくなります。そこで、資産運用など自助努力によりお金を殖やすことが必要です。マンション経営の場合、マンションを購入しなければならないので、大きな資金が必要と考えられます。しかし、購入するマンションを担保にして住宅ローンを組むことができますので、大きな資産を保有していない一般のサラリーマンでも投資を行うことができます。毎月のローン返済は、家賃収入でまかなうことができますので、返済が完了すればその後は利益を生んでいきます。万一、経営がうまくいかなかったとしても実物資産としての不動産がありますので、売却してローンを完済して撤退もできることが人気の秘密です。

このエントリーをはてなブックマークに追加